タイトル タイトル2
タイトルバー
 ホーム >> 全建労のあゆみ >> 第2期 反動攻勢と分裂・後退の時期(04/04)
トップページ
ぜんけんろうについて
ぜんけんろうのあゆみ
組合員のページ
お問い合わせ
 
国土交通省全建設労働組合
(全建労)
 
日本国家公務員労働組合連合会
(国公労連)
 
日本国家公務員労働組合連合会共済会(国公共済会)
 
全国労働組合総連合(全労連)
 
建設政策研究所関西支所
 
 
ぜんけんろうのあゆみ
第2期 反動攻勢と分裂・後退の時期
 4)「マル生」による職場の荒廃
○ 職場での大「合理化」が急テンポで進行。
○ 職場のスクラップ・アンド・ビルドが進み、行(二)職員・高齢者の勧奨、仕事の取り上げ。労働強化、病人の続出、内示即決定の「赤紙式配転」
○ 憲法・国公法無視の全建労対策で管理職の中に法令無視・命令依存型が横行。
・ ゴマスリ人間の育成。昇任には「仕事の出来」は無関係。
・ 人間関係破壊、職場の砂漠化。
・ 技術の低下、仕事への熱意喪失。
・ 汚職、腐敗の進行。
・ その結果、
他省庁と比較して大幅な処遇のおくれ
定員削減の強行により、長時間・過密労働の横行
全建労組合員だけでなく、すべての職員の処遇が低下
省庁で4番目に高い「管理職等指定」率(18.4%)
前ページ 次ページ
タイトルバー
Copyright (C) 2007 全建労近畿地本 All Rights Reserved.